今月の健康講座(9月)

2023/09/10

元気で長生きする方法(その1)効果的な運動

前回まで、健康寿命を縮める原因、それを防ぐ方法について述べてきました。これを実践することで健康で生き生きと暮らせる期間を延ばすことができます。

とはいえ、イマイチピンと来ていない方が多いのではないでしょうか?

そうなんです。私が書いてきたことは、皆さんがどこかで聞いたことがあること。でもなかなかやる気にならない、取り組んだとしても続かない...

そういった方が多いのが事実です。

そこで今回から、具体的に何をしたらよいかについて、何回かに分けて書いていきます。

<万病の治療薬、それは有酸素運動+筋トレ>
 歩け歩け運動、一日一万歩。誰もが聞いたことがある言葉だと思います。これらはもちろん健康に良いのですが、一つだけ問題があります。

 それは、歳と共に減少、弱化する下半身の筋肉の衰えを防止する効果がほとんどないこと。

 えっ!て思いませんでしたか?

でもそうなんです。

 健康寿命を損なう一番の原因は運動器の障害(歩くための機能の低下)であることは、この講座の1回目で述べました。→こちらを参照。

 それを防ぐには、下半身の筋力の維持、そして正しい姿勢を維持することがポイントとなります。

 下半身、すなわち、体幹の筋肉(腸腰筋)、お尻の筋肉、足の筋肉の劣化を防ぐことがポイントなのですが、ウォーキングだけでは、これら筋肉の衰えを防ぐことができないという、長年のデータがあるのです。

 福岡大学スポーツ科学部の長年の研究から、このことが発見され、そして、その効果的な対策として編み出されたのが「スロージョギング」です。

  聞きなれない言葉だと思います。

 スロージョギングとは、歩く程度の速さで走る運動。体力のない方、運動経験のない方でも無理なく取り組め、しかも、ウォーキングや散歩では防ぐことができない、下半身の筋力を効果的に維持することができるのです。
 
 百聞は一見にしかず。

 ご興味を持った方は、お問合せフォームより、ご連絡ください。