今月の健康講座(7月)

2024/06/28

熱中症に強くなろう!

今年の夏は、例年にも増して猛暑が予想されます。そんな中、大切なのは熱中症対策。
熱中症になって重症化するのはお年寄りが多いですね。その理由をご存知でしょうか?
それは、年齢と共に、汗などで体温を調節する機能が衰えているから。それだけでなく、脱水状態を感じる感覚神経が衰えていることも原因なんです。では、どうしたら、熱中症を予防できるでしょうか?

熱中症対策(その1)暑気順応
 汗をかく習慣のない人は、汗腺が退化し、必要な時にも汗を掛けなくなってしまいます。なので、本格的な夏を迎える前に、朝夕の散歩、ハイキング、スロージョギングなどで汗をかいておくのが、とっても大切なんです。運動はちょっと..という方には、長めのお風呂やサウナも有効です。お風呂やサウナは、体温を上げ、免疫力を高める効果もあるので、一石二鳥ですね。

熱中症対策(その2)姿勢を正しく!
 現代人は、椅子に座る、事務作業をする、スマホ使いなどにより、猫背、ストレートネックなど、姿勢が歪んでしまっています。そして背中がガチガチになり、脊椎から内臓につながる神経が圧迫され、気づかないうちに体の不調の原因となります。正しい姿勢で過ごせるようになると、神経伝達が良くなり、心も体もさわやかで運動機能も向上。熱中症に強くなるばかりか、健康寿命を延ばすことにも役立ちます。