あなたの姿勢をAIが正確に分析
姿勢プリント
キャンペーン

姿勢の歪みは、肩・腰・膝の痛み、スポーツ障害
の原因となります。
カナダ・バイオトロにクス社のX線を使わない
姿勢分析手法により、骨格や筋肉のアンバランスを
的確に発見することができます。

本イベントは、特定の団体を対象とした
キャンペーンです。

実施対象団体(予定を含む)
山の駅練習会 からだバランスかわにし 

らくランアンチエイジング倶楽部

イベント一覧

3/28(日)14:00-16:00 山の駅練習会
→12名参加、好評のうちに終了しました。

5/9(日)14:00-16:00 山の駅練習会
→6名参加、好評のうちに終了しました。

次回予定、調整中です。

こんな方はぜひ一度、姿勢分析をお受けください!

✔ 首・肩・腰・膝などの痛みに悩んでいる。
✔ スポーツ時のパフォーマンスを回復・改善したい。
✔ 姿勢が悪い、姿勢を改善したい。
いつまでも治らない、繰り返すのは何故でしょう?
慢性の身体の痛みや不調の多くは、痛みのある個所だけの問題ではなく、長い間の生活習慣による姿勢の歪みが原因。脊髄の正しい形が崩れて神経を圧迫したり、可動域が減少することで起こります。そんな痛みや不調を改善するには、骨格調整により体全体のバランスを回復することが必要です。

姿勢調整とは?
「姿勢科学」の大学教育を受けた有資格者が、からだ全体の姿勢のバランスを調整します。痛みの箇所だけに対処する対症療法と違う、原因からアプローチする方法です。

正しい姿勢とは?

正しい姿勢は、背骨が「生理湾曲」というS字カーブを描いており、くるぶしから頭までがひとつの直線に乗っている「重力バランス」が取れた姿勢です。姿勢が歪むと重力バランスも崩れることで体に無理な力がかかり、痛みや障害の原因となります。

歪んだ姿勢は傾いた家と同じ!

骨盤が傾いた姿勢は、膝に無理な負担がかかり痛みを生じます。これは、家が傾いて窓が開かなくなったのと同じ。窓だけ治そうとするのでなく、からだ全体のバランスを回復することが、真の改善につながります。

姿勢プリントの流れ
(2時間)

 STEP
姿勢調整のご説明
姿勢と体の痛みの関係、姿勢調整の効果、姿勢プリントについてご説明します。
 STEP 
姿勢プリント撮影
順番に、姿勢分析のための撮影を行います。
 STEP3 
レポートお渡し日のご予約
レポートが出力されるのは、1-2週間後となります。お渡し、ご説明時の日時をご予約していただきます。
  STEP
結果のご説明、今後の進め方相談
分析結果のご説明をし、姿勢の問題点があれば、対処方法のアドバイスをさせていただきます。ご希望に応じ、KCS(健康支援)センターにて姿勢改善のプログラムが受けられます(有料)
イベント実施主体
(一社)日本姿勢科学学会加盟 KCSセンター大阪福島院
(イベント責任者:三宅克実) 
(関連団体)

からだ バランス かわにし

「からだ バランス かわにし」は、健康で元気な生活を送ることを目標に、姿勢の勉強会や姿勢バランスチェック・調整、ウォーキングやスロージョギングなど、からだにやさしく老化防止につながる活動をおこなうグループです。

活動拠点:川西市市民活動センター
(パレットかわにし)
毎週水曜13:00~14:30

サテライト拠点:山の駅
(カフェ&スポーツステーション)
日曜日(不定期)


サテライト拠点:サンヨークリエイト
(リノベショップ)
毎週火曜12:00~13:30


定期的に、姿勢のバランスチェックと
体験施術(無料)を行っています。
事前にご予約の上、ご参加ください。
(各回5名様まで)→→ご予約はこちら

<活動内容>
姿勢バランスチェック・調整体験
からだのお悩み相談
運動指導・イベント(スロージョギング、ランニング、デイキャンプ)
栄養分析(HSA:Health Signal Analyzer)

ごあいさつ
日本姿勢科学学会正会員
KCSセンター大阪福島院所属

からだ バランス かわにし
代表 三宅克実

こんにちは!
私は35歳からダイエットのための朝ジョグを始め、30年間、65歳になる今でもランニングを続けています。始めた頃は出勤前の30分ランニングだけでしたが、47歳で初マラソン(ホノルル)を経験して以来、マラソンの楽しさにハマり、52歳で世界一過酷といわれるサハラマラソン250km、翌年からは世界最高峰といわれるヨーロッパのウルトラトレイル(山岳マラソン)大会にも毎年挑戦するようになり、65歳になる今でも100km以上の距離を走りつづけています。

そんな私ですが、60歳で坐骨神経痛を発症し、走れなくなってしまいました。整体、整骨、整形などを訪れても手ごたえ無く、途方に暮れていた時に出会ったのが「姿勢科学」でした。

これにより、一旦はあきらめかけていた走力を復活することが出来、自分だけでなく、多くの身体の悩みを抱える方のお役に立ちたいと現在の活動を始めました。
「からだバランスかわにし」は、そんな私の自己実現と社会貢献の場です。

姿勢が健康におよぼす影響、改善方法をお伝えし、姿勢調整を体験して頂くほか、健康に欠かせない有酸素運動として「スロージョギング」講習会なども行っています。

身体の痛みを抱えている方、健康を保つために姿勢調整を体験したい方、ランニングなどのスポーツをしていて、からだの痛みを感じたり、以前のようなパフォーマンスがだせなくなった方、ぜひ一度、体験会にご参加ください。

日本姿勢科学学会正会員
ランニング学会認定指導員
日本スロージョギング協会Ⓡ認定指導者
ランニングコミュニティ「らくランアンチエイジング倶楽部」代表
三宅 克実
 
2008年サハラマラソン。245kmを日本人一位で完走。
 © 2021 ★からだバランスかわにし★